映画『日々ロック』ヒロイン演じる二階堂ふみのアイドルっぷりと凶暴ロッカーっぷりに要注目 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

映画『日々ロック』ヒロイン演じる二階堂ふみのアイドルっぷりと凶暴ロッカーっぷりに要注目

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
映画『日々ロック』ヒロイン演じる二階堂ふみのアイドルっぷりと凶暴ロッカーっぷりに要注目

映画『日々ロック』ヒロイン演じる二階堂ふみのアイドルっぷりと凶暴ロッカーっぷりに要注目

 2010年から週刊ヤングジャンプで連載中の榎屋克優氏の究極のロックコミックを映画化した『日々ロック』が11月22日に公開されるが、本作のヒロイン・宇田川咲を演じる二階堂ふみの演技注目のようだ。


 本作『日々ロック』は『SR サイタマノラッパー』シリーズで映画界の話題をさらった入江悠が監督を務め、総合音楽プロデューサーとしていしわたり淳治が参加。黒猫チェルシーやThe SALOVERS、9mm Parabellum Bulletの滝 善充らが劇中楽曲を提供していることでも話題になっている。


 二階堂ふみは超絶キュートなアイドルとして魅せる姿と、真反対の凶暴でロックな姿という振り幅の大きい役どころであるヒロイン・宇田川咲を見事に演じている。レーザービームが彩る会場の中心で、テクノポップな音楽に合わせダンスや歌で観客を魅了するアイドルと、ギター演奏とボーカルで蹴散らしステージを自分のものにしてしまうロック魂あふれる凶暴な姿と2枚の劇中写真も公開。


 アイドルシーンでは、DECO*27さんが楽曲を提供しており、サイリウム片手に盛り上がる観客と共にライブを実際に撮影。二階堂ふみははこのシーンについて「お客さんも一緒に乗っているっていう設定だったので、画面を通してやらされている感じが出ないように、本当に乗せなきゃいけないと思いました。自分がどこまで出来るんだろうって考えていたけど、楽しく、気持ちよく演じることができました。」とコメント。


 一方、ロッカーに変貌するシーンでは、野村周平演じる主人公・日々沼拓郎たちが結成しているバンドのステージに乱入し、RCセクションの「雨あがりの夜空に」を演奏。そこにアイドルの面影はない。


 主人公たちとヒロイン・宇田川咲はどのようにストーリー展開を見せてくれるのか。二階堂ふみの落差激しい役どころの演技にも注目したい。映画『日々ロック』は11月22日(土)より全国ロードショー。


◎映画公開情報
『日々ロック』
2014年11月22日(土)全国ロードショー
info:http://hibirock.jp/
(C)2014「日々ロック」製作委員会
(C)榎屋克優/集英社


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい