沢山の業界人と寝てきたけど……ラナ・デル・レイがついにアノ曲を解説 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

沢山の業界人と寝てきたけど……ラナ・デル・レイがついにアノ曲を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
沢山の業界人と寝てきたけど……ラナ・デル・レイがついにアノ曲を解説

沢山の業界人と寝てきたけど……ラナ・デル・レイがついにアノ曲を解説

 ラナ・デル・レイが2ndアルバムの1曲に「F?ked My Way Up to the Top」というタイトルを付けており、何について歌っているのか気になるが、それを察した彼女が同曲について説明した。


 コンプレックス誌とのインタビューにて、その含みのあるタイトルの裏に隠された意図をついに説明したラナ・デル・レイ。結論から言えば、彼女を嫌う人も擁護する人も正しかった。「F--ked my Way Up to the Top」は彼女の人生についてでありながらまた、そうでもないようだ。


 ラナ・デル・レイはコンプレックス誌に対し、「それは解説であり、“私のことをみんながどう思っているか分かっている”みたいな、そんな事について触れているの。知ってのとおり、私は業界の沢山の男達と寝てきたけど、誰1人としてレコード契約を取るのを助けてくれなかったわ。腹立たしいことにね」などと話している。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい