PABLO(Pay money To my Pain)手掛ける新感覚ラウド“NoisyCell”登場 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

PABLO(Pay money To my Pain)手掛ける新感覚ラウド“NoisyCell”登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
PABLO(Pay money To my Pain)手掛ける新感覚ラウド“NoisyCell”登場

PABLO(Pay money To my Pain)手掛ける新感覚ラウド“NoisyCell”登場

 未知なる新人メロディック・ラウドロックバンド NoisyCell。プロデューサーにPABLO(Pay money To my Pain)を迎え、8月13日にミニアルバム『Your Hands』をリリースする。


<Pay money To my Pain、coldrain、
Fear, and Loathing in Las Vegasに続くラウドロックバンド>


 その多くが謎に包まれたNoisyCellは、胸を鷲掴みにするエモーショナルなボーカル、疾走感溢れるスクリーモ、耳に残る叙情的なメロディー、様々なアーティストの遺伝子を継承したハイブリッドなサウンドと、現在、大きな盛り上がりを見せるラウドロックシーンにおいて、他とは一線を画す音楽性を持ったアンノウンホープだ。そんな彼らがPay money To my Pain、coldrain、Fear, and Loathing in Las Vegasといった多くのトップ・ラウドロックバンドを輩出してきたVAPへの所属が決定。


 そして、無差別へヴィロック級バンドの始祖として現在のラウドロックシーンの礎を築いてきたPay money To my Painのギタリストとして多くのラウドロックファン/アーティストに敬愛されるPABLOをサウンドプロデューサーに迎えてレコーディングを実施(PABLO初バンドプロデュース)。ミニアルバム『Your Hands』をリリースすることが決まった。


<7月期最注目のテレビアニメ『ばらかもん』エンディングテーマ>


 収録曲「Innocence」は、日本テレビほかで7月5日より放送中の、7月期最注目のテレビアニメ『ばらかもん』エンディングテーマ。本楽曲はアニメの世界観を反映したかのような歌詞世界観と、心の奥底まで響くRyosukeのボーカルが印象的なバラードとなっている。また、8月19日にはリリース記念ライブイベントを渋谷GARRETにて実施。初めて新曲の多くが披露されるライブとなる予定だ。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい