初の京セラ公演大盛況のUVERworld 新作アルバムもチャート上位へ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

初の京セラ公演大盛況のUVERworld 新作アルバムもチャート上位へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 6月よりスタートした全国ツアーの一環として開催したバンド史上初の京セラドーム大阪を大盛況に導いたばかりのUVERworldが、ニューアルバム『O CHOIR』(読み:ゼロ クワイア)にてBillboard JAPAN週間セールスチャート アルバム部門“Top Albums”の2位を獲得した。


 先月末にはニューシングル『7日目の決意』で、同チャートのシングル部門“Hot Singles Sales”初登場1位に輝いた彼ら。立て続けのリリースとなった『O CHOIR』でも好成績が予想されたが、実売数9.1万枚と前作に引き続いての好セールスを記録し、ロックファンの期待に応える結果を叩きだした。


 今後も先に紹介したツアー【UVERworld LIVE TOUR 2014】で全国を巡っていくUVERworldだが、8月からは早くも次のツアーとして同作をタイトルに冠した【O CHOIR TOUR 2014-2015】がスタート。来年1月10日の横浜アリーナ公演まで、各地の大会場を舞台にライブを行う予定だ。



◎Billboard JAPAN週間アルバムチャート“Top Albums”
(2014年7月14日付)
1位.Kis-My-Ft2『Kis-My-Journey』
2位.UVERworld『0 CHOIR』
3位.小田和正『小田日和』
4位.長渕剛『Tsuyoshi Nagabuchi All Time Best 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。』
5位.浜崎あゆみ『Colours』


※『0 CHOIR』の0(ゼロ)は、スラッシュ入りが正式表記。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい