スヌープ・ドッグが“プラネットアース”のパロディー版でナレーター務める 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スヌープ・ドッグが“プラネットアース”のパロディー版でナレーター務める

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 ラッパーのスヌープ・ドッグが、ネイチャー番組のナレーターとして新たな職業に従事したようだ。7月1日、米トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ!』で彼は、新しいショートコント“プリッツァネット・アース(Plizzanet Earth with Snoop Dogg)”を初公開した。


 番組の司会者であるキンメルは、「わたしは地球とその上を這う全ての生き物に魅了されている。というわけで、視聴者の皆さんが驚きで満たされるであろう、自然をとても愛する人と組むことにしました」と観客に紹介。BBCの人気番組『プラネット・アース』をパロディー化したこのコントでは、雄羊たちが喧嘩する映像にスヌープがナレーションを付けている。


 同コントのなかで考え込むスヌープは、「雄羊のことを理解したことはないが、なんだって彼らはこんなクソみたいなことをするんだ?」と話す。野生動物について述べているスヌープの姿は純粋に笑えるため、キンメルにはもっと続けて欲しいものだ。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい