ラナ・デル・レイ 初の米国首位獲作に感じる流行り廃りを投げ打ったプロデュース力

2014/07/01 12:10

 ラナ・デル・レイ約2年半ぶりのアルバム『Ultraviolence』が、UKチャート初登場1位に続き、全米アルバムチャート“The Billboard 200”でも初登場1位を獲得。かねてよりダン・オーバック(ザ・ブラック・キーズ)をプロデューサーに迎え制作が進められていた『Ultraviolence』だが、Billboardでの首位獲得を達成し、シングル/EP/アルバムとすべてのラナ作品を通じて初めての本国1位となる。ちなみに、前作アルバム『Born to Die』は最高2位だった。

あわせて読みたい

  • 【第63回グラミー賞】全受賞アーティスト&作品リスト

    【第63回グラミー賞】全受賞アーティスト&作品リスト

    Billboard JAPAN

    3/15

    ラナ・デル・レイの新作は5月リリース!? ファンとの会話で思わず…

    ラナ・デル・レイの新作は5月リリース!? ファンとの会話で思わず…

    Billboard JAPAN

    2/10

  • Nao Yoshioka、3年ぶりの新AL『Undeniable』8/16にリリース決定

    Nao Yoshioka、3年ぶりの新AL『Undeniable』8/16にリリース決定

    Billboard JAPAN

    7/16

    【ビルボード】ジャニーズWEST『W trouble』が総合アルバム首位 トップ5はすべて初登場でのチャートイン

    【ビルボード】ジャニーズWEST『W trouble』が総合アルバム首位 トップ5はすべて初登場でのチャートイン

    Billboard JAPAN

    3/25

  • Discogsによる2010年代トップ200アルバムが発表、700万人以上のユーザー・データを分析

    Discogsによる2010年代トップ200アルバムが発表、700万人以上のユーザー・データを分析

    Billboard JAPAN

    10/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す