ラスベガスでの巨大EDMイベントにて参加者が死亡、29件の薬物逮捕も 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラスベガスでの巨大EDMイベントにて参加者が死亡、29件の薬物逮捕も

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 ラスベガスでの大規模なエレクトリック・ミュージック・イベントに来場していたカリフォルニアの男性が病院に搬送され、6月21日の朝に死亡したことが明らかになった。


 クラーク郡検察当局は、【エレクトリック・デイジー・カーニバル(Electric Daisy Carnival)】に参加していた同男性が、サンレアンドロのモントメリー・ツァン(24)であることを確認している。死亡原因は発表されていない。


 イベント・プロデューサーのインソムニアックは、“深い悲しみを覚える”との声明を発表し、参加者には週末の間続く同イベントを自己責任において安全に過ごすよう促した。


 主催者側の発表では、20日のオープニング・ナイトには13万4,000人が来場していたという。


 ラスベガス警察の話によると、およそ250人から医療援助を求める連絡があり、そのうち5人が病院に搬送されたとのこと。また、29件の薬物関係の重罪による逮捕も報告されている。


 同イベントは、15歳の少女が薬物の過剰摂取で死亡する事故が2010年にロサンゼルスであり、当時批判された。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい