レディー・ガガとトニー・ベネットが学校の授業にサプライズ登場 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

レディー・ガガとトニー・ベネットが学校の授業にサプライズ登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
レディー・ガガとトニー・ベネットが学校の授業にサプライズ登場

レディー・ガガとトニー・ベネットが学校の授業にサプライズ登場

 ニューヨークのフランク・シナトラ・スクール・オブ・アーツに6月16日、トニー・ベネットとレディー・ガガがサプライズ登場し、同校のトニー・ベネット・ホールで特別授業とパフォーマンスを行なった。


 2001年にクイーンズ地区アストリアの故郷でフランク・シナトラ・スクール・オブ・アーツを開校したベネットは、いつも卒業式に出席しているものの、今年は自身のツアー・スケジュールのため出席できないとのこと。その代わりに、講義最終日に友人でコラボレーターのガガを連れて特別に登場したそうだ。


 ベネットとガガは、ジャズや“グレート・アメリカン・ソングブック”、そしてクリエイティビティなどについて話した他、生徒700人からの質疑にも応えたという。


 また、ベネットが「ザ・ヴェリー・ソート・オブ・ユー」、ガガがコール・ポーターの「エヴリ・タイム・ウィ・セイ・グッドバイ」、とアメリカン・クラシックスを披露すると、2人はチークダンスをしながら「アイ・キャント・ギヴ・ユー・エニシング・バット・ラヴ」を陽気に歌い上げた。


 ガガの歌を初めて聞いたとき“エルヴィスよりもビッグになるだろう”と感じたというベネットは、「ガガはとても華やかで知性がある。ジャズにおいては、シンコペーションとリズムが大事だが、彼女の歌を聴いたとき“彼女は分かってる!”と言ったよ」と話した。


 一方、2011年にロビン・フッド基金のチャリティーで共演し、その後すぐ、ベネットのアルバム『デュエッツII』で「ザ・レディ・イズ・ア・トランプ」をデュエットしたガガは、「トニーといると家でエラ(・フィッツジェラルド)や(ジョン・)コルトレーンを聴いていた15歳の時に戻るの。ゆったりとしてとても豊かな彼の歌い方は、ジャズを歌える解放感を与えてくれるのよ」と話す。


 同イベントは、学生合唱団がトニー・ベネットの「スマイル」、ガガの「アプローズ」を披露し締めくくられた。


 現在、ガガとトニー・ベネットは年内リリース予定のジャズ・アルバムでコラボレートしている。なお、フランク・シナトラ・スクール・オブ・アーツでは、これまでにもビリー・ジョエルやポール・マッカートニーなど、数名のミュージシャン達が特別授業を行なっている。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい