病に苦しむ名物DJの妻に出頭命令、適切な医療ケアをしているのか 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

病に苦しむ名物DJの妻に出頭命令、適切な医療ケアをしているのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 病に苦しむ米ラジオ・パーソナリティ、ケイシー・ケイサムの妻が、5月30日にワシントン州キトサップ郡の裁判所へ出頭するよう命じられた。彼女は、父親が適切な医療ケアを受けているか判定権限を持つ義理の娘との間に論争を生じている。


 82歳のケイサムとその妻ジーンは、キトサップ郡で友人家族とともに暮らしている。


 28日にキトサップ郡当局から通達されたジーン・ケイサムへの出頭命令書には、30日に出頭しなかった場合、逮捕状が出されると記されている。ジーン・ケイサムからのコメントは今のところ取れていない。


 一方、ケリ・ケイサムのスポークスパーソンの話によると、彼女は父親に会いに行くことをワシントン州裁判所から許可されているという。


 ケイシー・ケイサムは、ミュージック・カウントダウン・ラジオ番組『アメリカン・トップ40』や『ケイシーズ・トップ40』で有名になり、米テレビアニメ番組『スクービー・ドゥー』のシャギーの声優も務めた。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい