アナ雪が7度目のアニメチャート制覇、鈴木このみも自身最高の2位に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アナ雪が7度目のアニメチャート制覇、鈴木このみも自身最高の2位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
アナ雪が7度目のアニメチャート制覇、鈴木このみも自身最高の2位に

アナ雪が7度目のアニメチャート制覇、鈴木このみも自身最高の2位に

 興行収入が遂に200億円を突破した『アナと雪の女王』だが、松たか子の「レット・イット・ゴー~ありのままで~」もBillboard JAPAN Hot Animationで凄まじい記録を更新中。今週も首位を獲得し、7度目のNo.1の座に着いた。


 これまで日本の映画市場でも3本しか達成できなかった200億円の壁。軽々と超えてみせた“雪の女王”だが、ストーリー性や映像美はもちろん、この大ヒットの要因はやはり主題歌をはじめとする楽曲の数々だろう。先日放送された読売テレビのトークバラエティ『にけつッ!!』で千原ジュニアも本作を初めて鑑賞し「あんな歌うの?ずっと歌ってんねん!」と驚愕するほど、歌のパートで構成されている。神田沙也加をはじめとするキャストの歌唱は評価が高く、多くの人の心を掴んだ。今週もメインのアルバムチャートでサウンドトラックが4週連続の首位を獲得している。


 2位にはMXTV他で放送中の『ノーゲーム・ノーライフ』オープニングテーマである鈴木このみの「This game」が初登場。こちらはMF文庫Jから出版された榎宮祐のライトノベルを原作とした人気作でアニメは4月から放送中。昨年9月に鈴木このみ n' キバオブアキバ名義でリリースした『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い』主題歌での最高8位を大きく更新する結果となった。


 先日、遂に完結となった『機動戦士ガンダムUC』のエピソード7“虹の彼方に”の主題歌を務めたAimerの「StarRingChild」は5位にチャートイン。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい