デイヴィッド・ギャレット初主演作、予告編完成 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

デイヴィッド・ギャレット初主演作、予告編完成

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
デイヴィッド・ギャレット初主演作、予告編完成

デイヴィッド・ギャレット初主演作、予告編完成

 ヴァイオリニストとして世界的に活躍するデイヴィッド・ギャレットが、主演・制作総指揮・音楽を務める『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』の予告編が完成した。


 あまりの超絶技巧に「悪魔に魂を売った代償として、その技術を手に入れた」とまで言われた伝説のヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニ。本作は、その後の作曲家達にも大きな影響を与えたパガニーニの、天才であり異端児でもあった生き様を描いたストーリーだ。本作で映画デビューを果たした主演のデイヴィッド・ギャレットは、史上最年少でドイツ・グラモフォンと契約をし、モデルとしても活躍するヴァイオリニスト。予告編の中でも、5億円のストラディヴァリウスで、パガニーニ「24の奇想曲」を演奏する様子などが披露されている。


公演情報:『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』
監督・脚本:バーナード・ローズ
主演・制作総指揮・音楽:デイヴィッド・ギャレット
出演:ジャレッド・ハリス、クリスチャン・マッケイ、ヘルムート・バーガー
7月11日(金)より TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
(C)2013 Summerstorm Entertainment / Dor Film / Construction Film / Bayerischer Rundfunk / Arte. All rights reserved


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい