まもなく来日のファレルが2週連続洋楽チャートNo.1獲得

Billboard JAPAN

 6週にわたり首位をキープしてきたイディナ・メンゼル「レット・イット・ゴー」から、先週ついに首位略奪に成功したファレル「ハッピー」が、先週に引き続き2週連続洋楽チャートNo.1に輝いた。


 アルバム『G I R L / ガール』の国内盤リリースとプロモーション来日決定の追い風を受け、今週ついにエアプレイチャートで初の首位を獲得、洋楽チャートにおいては今年1月のチャート初登場以来12週連続TOP10入り、累計3度目の首位獲得となった「ハッピー」。今や世界の音楽シーンの中心人物といっても過言ではないファレルだが、日本国内においてもユニクロ「UT」とのコラボや、かねてから親交の深いNIGO(R)が監督を務める「ハッピー」の日本版ミュージック・ビデオの制作など、日本国内での展開も拍車がかかっている。まもなく予定されているプロモーション来日の際には、すでに発表されているテレビ朝日『MUSIC STATION』への出演(5月16日)をはじめ、大規模なメディア露出が予想されるだけに、さらなるロングヒットは確実だろう。


 ファレルに首位の座を明け渡した“女王”イディナ・メンゼル「レット・イット・ゴー」が今週も2位につけ、以降上位陣は大きな変動がみられなかったが、7位にはデビューアルバムが日本でもヒットを記録したアリアナ・グランデの新曲「プロブレム feat.イギー・アザリア」、9位にはスウェディッシュ・エレポップの新星バンド ロイヤル・コンセプトの「オン・アワ・ウェイ」が初登場。停滞気味のチャート上位陣を脅かす台風の目となるか、今後のチャートアクションに期待したい。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック