アンドレア・ボチェッリ、【ラテン・ミュージック・アワード】で功労賞受賞 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アンドレア・ボチェッリ、【ラテン・ミュージック・アワード】で功労賞受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
アンドレア・ボチェッリ、【ラテン・ミュージック・アワード】で功労賞受賞

アンドレア・ボチェッリ、【ラテン・ミュージック・アワード】で功労賞受賞

 【ビルボード・ラテン・ミュージック・アワード】が行われた4月24日は、イタリアのテノール歌手 アンドレア・ボチェッリにとって特別な夜になった。長き友人であるラウラ・パウジーニとのパフォーマンスを披露したボチェッリは、その長いキャリアとラテン・ミュージック界のみならず広く与えた影響を称えられ、“ライフタイム・アーカイブメント賞”を受賞した。


 ボチェッリは式典のバックステージにて、「私は常に自分のやりたいことをやるよう努めてきた。それが上手くやる方法だからさ。音楽においては情熱と謙虚心、忍耐力が必要で、クラシック・ミュージックでは訓練と全力を注ぐことが必要とされるんだ」と語った。


 ショーの中ではパウジーニと共に、2009年に【ラテン・グラミー・アワード】でレコード・オブ・ザ・イヤーにノミネートされたヒット曲「Vive Ya」を披露。ボチェッリはパウジーニについて、「これはコラボレーション以上のフレンドシップ(友情)だ。一緒にいられる機会は少ないが、我々はとても良い友達なのさ」と伝えている。


 なお、新しいアルバムの制作にも興味を示しており、「アルバムのための素晴らしい楽曲に出会えることを願っているし、何年かかったとしても見つけられたらすぐに作るさ」と話している。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい