水曜日のカンパネラ 映画館ジャックで園子温『恋の罪』上映&ライブ

Billboard JAPAN

 鹿の解体音楽イベントや「松本人志が映画作れたのは有名だから」等の発言で話題となり、斬新な音楽スタイルで人気急上昇中の水曜日のカンパネラ。新ミニアルバム『シネマジャック』のファイナルイベントを映画館で開催する。

水曜日のカンパネラ キュートなライブ写真一覧


 4月21日 タワーレコード新宿店でリリースイベントを行い、黒いワンピースに身を包んで登場したコムアイ(vo)は、サラリーマンのお疲れ讃歌とも言える歌詞や栄養ドリンクの名前を羅列した「ランボー」から始まり、バイクをふかしたり、モヒカンをゆらしたり、人気コミック『北斗の拳』のキャラクターの絵をフリップに描いてみせる「ラオウ」等で場を湧かす。


 その後も椅子の上でパフォーマンスしたり、客席内を縦横無尽に歩き回って観客と絡みだしたり、お菓子を投げたり、ラストには「ムラムラした時はこの曲で自分を慰めてください」と、園子温監督の映画『恋の罪』を題材にした「ミツコ」を歌ったりと、フックだらけのライブを展開。水曜日のカンパネラの魅力が存分に詰まったインストアイベントとなった。


 なお、この日発表された『シネマジャック』ファイナルイベント【シネマジャックは恋の罪】は、映画館を文字通りジャックし、今作のリード曲でもある「ミツコ」の題材となった園子温監督『恋の罪』を上映し、ライブをするというイベントだ。この機会に『シネマジャック』の世界を味わってみては?




◎イベント【シネマジャックは恋の罪】
京都編 06月15日(日)立誠シネマプロジェクト
一部(LIVEのみ)OPEN 12:00 START 12:30 CLOSE 14:00
料金:2,000円 / 自由席
内容:LIVE 水曜日のカンパネラ(40分)、ほか1組
二部(上映+LIVE)OPEN 14:30 START 14:45 CLOSE 17:45
料金:2,000円 / 自由席
内容:上映『恋の罪』(144分)LIVE 水曜日のカンパネラ(16分)


東京編 06月27日(金)渋谷AUDITORIUM
(上映+LIVE)OPEN 20:40 START 20:50 CLOSE 23:50(予定)
料金:2,000円 / 自由席
内容:上映『恋の罪』(144分)LIVE 水曜日のカンパネラ(16分)

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック