米ライブ・ネイションがライブ・ネイション・ジャパンを完全子会社化

Billboard JAPAN

 米大手イベントプロモーターのライブ・ネイションが、日本のクリエイティブマンが所有する少数株主持ち分を取得し、ライブ・ネイション・ジャパンを完全子会社化することになった。


 フランク竹下氏率いるライブ・ネイション・ジャパンは、2012年初めの創立以来、レディー・ガガやニッケルバック、INFINITE、赤西仁など国内外アーティストのソールドアウト公演をプロモートしてきた。また、同社はPerfume、VAMPS、葉加瀬太郎などの日本人アーティストを北米やヨーロッパに送り出している。


 ライブ・ネイション・エンターテイメントのアラン・リッジウェイはプレスリリースにて、「グローバル・ネットワークの拡大を続けるうちに、ライブ・ネイション・ジャパンの完全子会社化が必要となりました。今後もいくつかのプロジェクトを共同で行ないますが、ライブ・ネイションは独自の利益を追求し、様々なパートナーと組んでいきます」と述べている。


 竹下氏はクリエイティブマンを離れ、ライブ・ネイション・ジャパンのマネージング・ディレクターの職務に専念する。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック