クリス・ブラウンに先立ち、ボディガードが暴行容疑裁判へ

Billboard JAPAN

 クリス・ブラウン自身も公判を控えているワシントンでの暴行容疑に関する裁判にて、彼のボディガード、クリストファー・ホロシーがブラウンに先立ち公判に臨んでいる。裁判は4月17日に上級裁判所で始まっている。


 ある男がワシントンのホテルの外で殴られたと訴え、2人は昨年10月に逮捕された。ホロシーは警察に対し、その男がブラウンのツアー・バスに乗り込もうとしたため殴ったと話している。一方、その男が警察にした話では、ブラウンが2人の女性と撮ろうとしていた写真に彼が入ろうとした際、ブラウンとその後ホロシーに殴られたという。


 法廷文書によると、その男は鼻を骨折したとのことだ。


 ホロシーの裁判は1日ないし2日間にわたり行われ、その後ブラウンの裁判が開かれる。ブラウンはその男を殴ったことを否認している。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック