辻井伸行、ルーブル美術館にてパリ・デビュー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

辻井伸行、ルーブル美術館にてパリ・デビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
辻井伸行、ルーブル美術館にてパリ・デビュー

辻井伸行、ルーブル美術館にてパリ・デビュー

 ピアニストの辻井伸行が、4月17日にルーブル美術館オーディトリウムにて、パリ・デビュー・リサイタルを開催、同公演がストリーミング配信される。


 辻井伸行は、2009年に第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで日本人として初の優勝を果たし、その後もサンクトペテルブルクの白夜音楽祭や、イギリスの最大の音楽祭プロムスに出演するなど、世界各地で活躍を続けている。


 パリ・デビュー・リサイタルでは、ショパン作曲「ノクターン第20番」や、リスト作曲「愛の夢 第3番」などの演奏が予定されており、その模様はmedici.tvにてストリーミング配信される。


◎【CONCERTS AT THE LOUVRE AUDITORIUM】
日時:日本時間 4月17日(木)19時30分~
   ※現地時間 4月17日(木)12時30分~
会場:ルーブル美術館オーディトリアム・ホール
プログラム:
ショパン作曲:ノクターン 第20番<遺作>
       アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ
リスト作曲:巡礼の年よりエステ荘の噴水
      愛の夢 第3番
      ラ・カンパネッラ
      イゾルデの愛の死
      歌劇『ファウスト』からのワルツ(グノー)


More info http://p.tl/xCfd

写真(C)Yuji Hori


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい