フレイヴァー・フレイヴ、暴行事件で司法取引か?

Billboard JAPAN

 家庭内暴力事件の罪に問われているフレイヴァー・フレイヴ(本名 ウィリアム・ジョナサン・ドレイトンJr.)が、司法取引を進める可能性が取りざたされている。


 フレイヴは2012年10月に交際女性の息子(17才)に対し、包丁を持って脅迫した容疑などで起訴され、今年4月末には裁判が行われる予定。クラーク・カウンティ裁判所では開廷に備え、罪状認否が執り行われるが、検察官および被告側の弁護人ともに詳細コメントは避けている。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック