LFJ東京2014でアルゲリッチとクレーメルの共演が決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

LFJ東京2014でアルゲリッチとクレーメルの共演が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
LFJ東京2014でアルゲリッチとクレーメルの共演が決定

LFJ東京2014でアルゲリッチとクレーメルの共演が決定

 5月3日から3日間にわたって開催される【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(LFJ)2014】のマルタ・アルゲリッチのステージに、現代最高のヴァイオリニストの1人 ギドン・クレーメルが出演することが決定した。


 クレーメルとアルゲリッチは1980年代にチェロ奏者のミーシャ・マイスキーの紹介で出会い、デュオとしてコンサートや録音など幅広い活動を続けている。日本では1987年と1994年にコンサートを開催しているが、【別府アルゲリッチ音楽祭】以外ではそれ以降来日公演は行っておらず、今回20年ぶり。さらに、LFJ東京の出演はアルゲリッチ、クレーメルともに初となる。


◎公演情報
【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2014 】
日程:2014年5月3日(土・祝)
時間:開演22時15分、終演23時10分(予定)
    ※終演が23:00を過ぎるため、18歳未満は入場不可
会 場:東京国際フォーラム ホールA
公演番号:117
出 演:マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)※/酒井茜(ピアノ)※/ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)/
堀米ゆず子(ヴァイオリン)/川本嘉子(ヴィオラ)/ギードゥレ・ディルバナウスカイテ(チェロ)/
吉田秀(コントラバス)/ジュリエット・ユレル(フルート)/ラファエル・セヴェール(クラリネット)/
安江佐和子(パーカッション)
曲目:ストラヴィンスキー:春の祭典(2台ピアノ版)※
    サン=サーンス:動物の謝肉祭


ギドン・クレーメル写真(C)Andreas Malkmus / ECM Records
マルタ・アルゲリッチ写真(C)K.Miura


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい