THE BACK HORN“KYO-MEI”特番で新曲「シェイク」本邦初オンエア 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

THE BACK HORN“KYO-MEI”特番で新曲「シェイク」本邦初オンエア

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
THE BACK HORN“KYO-MEI”特番で新曲「シェイク」本邦初オンエア

THE BACK HORN“KYO-MEI”特番で新曲「シェイク」本邦初オンエア

 通算10枚目となる新アルバム『暁のファンファーレ』を4月9日にリリースするTHE BACK HORN。収録曲「シェイク」がFM802『BINTANG GARDEN?THE BACK HORN “KYO-MEI” RADIO SESSION』で本邦初オンエアされることになった。


 この特番は、4月5日23:00から24:00にかけて放送され、THE BACK HORNに“KYO-MEI”したアーティストを迎え、彼らのライブや歌詞の持つ魅力を紹介。「シェイク」は『暁のファンファーレ』の3曲目に収録されており、山田将司(vo)が作詞を手掛けた。今作の中でも特に肉体的でリズミカルなグルーヴが突き抜けた楽曲となっている。また、歌詞においては、目の前に広がる情報社会を甘んじて受け入れるのではなく、知らずに毒されていることに自分から気付く大切さを説いた、扇情的な言葉が散りばめられた1曲だ。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい