ストーンズがツアー延期でおよそ10億円の損害、5月に再開へ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ストーンズがツアー延期でおよそ10億円の損害、5月に再開へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ストーンズがツアー延期でおよそ10億円の損害、5月に再開へ

ストーンズがツアー延期でおよそ10億円の損害、5月に再開へ

 ミック・ジャガーの恋人、ローレン・スコットの死去によりワールドツアーを休止していたザ・ローリング・ストーンズが来月、ツアーを再開することになった。


 【14オン・ファイアー】ツアーの一部として、5、6、7月のヨーロッパとイスラエルでの14公演を発表しており、同日程にはフェスティバルへの出演やスタジアム、アリーナ公演などが含まれている。5月26日にオスロ(ノルウェー)のテレノール・アリーナでキックオフし、7月3日の【ロスキルド・フェスティバル】(デンマーク)で幕を閉じるようだ。


 ストーンズは3月17日にスコットが自殺したためオーストラリアとニュージーランドのツアーを延期していた。関係者がビルボードに明かしたところでは、同ツアーにはグループの他にも多数の関係者が携わっているため、およそ1,000万ドル(約10億4,000万円)もの損害になるという。


 なお、AEGライブと共にストーンズのオーストラリア公演を手掛けるプロモーター、フロンティア・ツアリングのマイケル・ガディンスキは、10月、11月の日程で振替公演を調整していると話す。


 今度のツアーでストーンズは、「ギミー・シェルター」、「黒くぬれ!(Paint It Black)」、「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」、「ダイスをころがせ(Tumbling Dice)」、「イッツ・オンリー・ロックン・ロール」などのクラシック・ヒットに加え、“思いもよらない逸品”を披露すると宣言している。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい