ラテン界のスター、ロメオ・サントスがヤンキー・スタジアム追加公演を発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラテン界のスター、ロメオ・サントスがヤンキー・スタジアム追加公演を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ラテン界のスター、ロメオ・サントスがヤンキー・スタジアム追加公演を発表

ラテン界のスター、ロメオ・サントスがヤンキー・スタジアム追加公演を発表

 瞬く間にラテン界のスーパースターとなったロメオ・サントスは、48時間でソールド・アウトとなった7月12日のヤンキー・スタジアムでのコンサートに加え、11日の追加公演を発表した。


 同スタジアムでは1973年にザ・ファニア・オール・スターズが『ライブ・アット・ヤンキー・スタジアム』をライブ・レコーディングして以来、ラテン・アーティストがメイン・アクトを務めたことがなく、サントスが実に40年以上ぶりとなる。同時に、2009年に本拠地を移した新スタジアムでパフォーマンスを行なう初めてのラテン・アーティストにもなるのだ。


 最新アルバム『Formula, Vol. 2』は、3月15日に米トップ・ラテン・アルバムチャートで初登場No.1を獲得。“Billboard 200”チャートでも5位となり、発売初週に85,000枚を売り上げ、この8年で全ラテン・カテゴリーにおける週間ベスト・セールスを記録した(ニールセン・サウンドスキャン調べ)。


 また、ドレイクをフィーチャーしたシングル「Odio」は、ホット・ラテン・ソングチャートで8週連続1位となり、またアルバムからの1stシングル「Propuesta Indecente」はチャートイン35週目で5位をマークした。


 なお、サントスは【2014 ビルボード・ラテン・ミュージック・アワード】にて、最優秀アーティスト賞、最優秀デジタル楽曲賞(「Propuesta Indecente」)など、14部門にわたり最多17ノミネートを果たしている。同アワードは米スペイン語テレビ局、テレムンドで4月24日に全米で生中継される。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい