コールドプレイのクリスとキャット・パワー、米俳優の監督映画でコラボ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コールドプレイのクリスとキャット・パワー、米俳優の監督映画でコラボ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
コールドプレイのクリスとキャット・パワー、米俳優の監督映画でコラボ

コールドプレイのクリスとキャット・パワー、米俳優の監督映画でコラボ

 米コメディ・ドラマ『scrubs~恋のお騒がせ病棟』で主演したザック・ブラフの監督デビュー作であり、最も売れたサウンドトラックの1枚ともなった映画『終わりで始まりの4日間(Garden State)』から10年、次の作品である映画『ウィッシュ・アイ・ワズ・ヒア』でもサントラにインディー・ロックのスター達をフィーチャーするようだ。同サントラでは、ザ・シンズとボン・イヴェールがオリジナル曲を提供するとともに、コールドプレイのクリス・マーティンがキャット・パワーとコラボした新曲を収録するという。


 ザック・ブラフはマーティンとキャット・パワーのデュエット曲について、「【サンダンス映画祭】には間に合わなかったけど、その曲は映画のテーマソングなんだ。今までになく素晴らしい曲だよ」とエンターテインメント・ウィークリーに語っている。


 ザ・シンズ、フル・フル、Zero 7、コールドプレイをフィーチャーした『終わりで始まりの4日間』のサウンドトラックは、2004年のリリース以来、147万枚を売り上げているとのこと(ニールセン・サウンドスキャン調べ)。ブラフとナタリー・ポートマンが主演した同映画では、ザ・シンズの「ニュー・スラング」を大々的にフィーチャーした名シーンがあった。


 映画『ウィッシュ・アイ・ワズ・ヒア』は7月18日から限定会場での上映が開始され、7月25日から全米公開となる。ブラフは昨年、2作目となる同映画制作のためにクラウドファンディング・プラットフォーム、Kickstarterを利用して資金を集めた。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい