マイリー・サイラスのステージセット“ベロ型”滑り台を巡り訴訟が起きる

Billboard JAPAN

 マイリー・サイラスの【バンガーズ】ツアーに携わった一人のクルーが、怪我をしたとして訴訟を起こした。米ゴシップサイト“TMZ”が(ローリング・ストーン誌を介して)報じた内容によると、サイラスのステージ上に設置される巨大な舌を模した滑り台を組み立てている際に、作業補助として雇われたチャールズ・サリスが負傷したという。


 サリスはロサンゼルスを拠点とする小道具制作の委託会社ShowFx Inc.を訴えており、先月、提供された機材や道具にて滑り台を組み立て中に誤って怪我をしたとのこと。同社はその仕事に危険が伴う可能性があることを警告しなかったとし、詳細不明ながら今回の事故における損害賠償金を求めているという。


 サイラスの【バンガーズ】ツアーでは何かと話題に絶えず、先月にはピッチフォークが報じたように、同ツアーの前座を務めていたスカイ・フェレイラがカリフォルニアのアナハイム公演で最初の曲を歌っている最中に転落し、60針も縫う大怪我をしている。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック