関ジャニ、3月連続リリースのラスト「キングオブ男!」でも首位獲得 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関ジャニ、3月連続リリースのラスト「キングオブ男!」でも首位獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
関ジャニ、3月連続リリースのラスト「キングオブ男!」でも首位獲得

関ジャニ、3月連続リリースのラスト「キングオブ男!」でも首位獲得

 映画『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』主題歌、関ジャニ∞[エイト]の「キングオブ男!」が、フィジカル・ポイントで大差を付け、先週首位の嵐を押さえてBillboard JAPAN HOT100首位となった。「ココロ空モヨウ」、「ひびき」に続く3月連続リリースのラストを飾る本曲は、その3曲のなかでも最もフィジカル・セールスを伸ばしている。また、ジャニーズ勢ではSMAPと同様にエアプレイでも強さを誇り、コア・ファン以外にも訴求する楽曲であることを、この連続リリースで見せつけた。

 嵐「Bittersweet」は前週に引き続いてルックアップとツイートの両指標で1位、エアプレイでは前週30位から19位に順位を上げていて、注目度の高さが依然として維持されていることが分かる。

 オリンピック関連楽曲として、高橋大輔をフィーチャーした日本生命CMソングのゆず「ヒカレ」と、NHKオリンピック放送テーマソングのコブクロ「今、咲き誇る花たちよ」がそれぞれ3位と4位を獲得、全指標で高順位を獲得した。

 今週ダウンロードで首位に立ったのは、三浦春馬主演のフジ系ドラマ『僕のいた時間』主題歌、札幌出身の女性シンガーソングライターRihwaの「春風」。前週に続いてダウンロードで首位を守っており、ツイートでも好調を維持した形で今週にパッケージが発売される。次週のチャート・アクションに注目だ。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい