ミゲル、飲酒運転での有罪判決に「申し訳ございませんでした」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミゲル、飲酒運転での有罪判決に「申し訳ございませんでした」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 飲酒運転で有罪判決を受けていたミゲルが先日、法廷で謝罪していたことがNMEの報道により明らかになった。


 昨年8月、同シンガーはロサンゼルスで酒に酔った状態で運転をして逮捕された。伝えられたところによると、ミゲルは複数のアルコール検査にひっかかり、検知器での数値は法廷基準値0.08を超える0.10と0.11を示したとのこと。


 裁判でミゲル(本名ミゲル・ピメンテル)は罪を認め、3年間の略式執行猶予をはじめ、アルコールに関する授業の受講、および360ドル(約3万6800円)の罰金を命じられた。


 判決を受け、ミゲルは「飲酒運転は軽率な行いだった。本当に申し訳ございません。この過ちの責任はしっかり果たします」と述べている。


 現在3枚目のアルバムに取り組んでいるミゲルは先週、米ビルボードに対し「俺にははっきりしたビジョンがあり、とても鮮明なゴールがある」と話した。2枚目のアルバム『カレイドスコープ・ドリーム』は2012年に“ビルボード200”で3位を記録し、収録曲の「アドーン」は2013年の【グラミー賞】最優秀R&B楽曲賞を受賞した。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい