AKB48 大組閣を前に大島チームKが魂の劇場公演【最終ベルが鳴る】 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AKB48 大組閣を前に大島チームKが魂の劇場公演【最終ベルが鳴る】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
AKB48 大組閣を前に大島チームKが魂の劇場公演【最終ベルが鳴る】

AKB48 大組閣を前に大島チームKが魂の劇場公演【最終ベルが鳴る】

 大島優子がキャプテンを務めるチームKが、2月20日 AKB48劇場にて【チームK 4thStageウェイティングII「最終ベルが鳴る」】の初日公演を開催した。

AKB48 その他のステージ写真など


 AKB48からの卒業を控える大島自身にとってはもちろんのこと、MCでは「大組閣前に、大島チームKとしての結束を固めるため、メンバー全員チームK魂を持ってレッスンを重ね、本日初日を迎えました」と、2月24日に行われる【AKB48グループ大組閣祭り】を前に、メンバー全員が意識を高めて臨んだというこの日。「ごめんね ジュエル」を歌った前田亜美と近野莉菜は、初演時には研究生として同曲のバックダンサーをしていたと話し、「こうしてユニットとして前で歌えることになるなんて思わなかった」と感慨深げに振り返った。


 12歳のドラフト生“ナマイキッズ”(自称)の後藤萌咲と下口ひななは、緊張しながらも元気いっぱいキュートに「狼とプライド」を披露。「16人姉妹の歌」では、大島チームK用に秋元康が作詞し直し、タイトルも「19人姉妹の歌」と改めたニューバーションをお届け。「回遊魚のキャパシティ」では、“キャパキャパキャパキャパキャパシティー!”と独特のコールが場内に響き渡り、大島は「事前に(ファンの)みなさんに演目をお知らせしておいてよかった」と笑顔をみせた。




◎【チームK 4thStageウェイティングII「最終ベルが鳴る」】初日
[出演メンバー]
阿部マリア、内田眞由美、大島優子、北原里英、倉持明日香、島田晴香、鈴木紫帆里、近野莉菜、中田ちさと、永尾まりや、平田梨奈、藤田奈那、古畑奈和、前田亜美、松井珠理奈、武藤十夢、後藤萌咲、下口ひなな
[セットリスト]
01.マンモス
02.最終ベルが鳴る
03.ボーイフレンドの作り方
04.偉い人になりたくない
05.狼とプライド
06.リターンマッチ
07.初恋泥棒
08.ごめんね ジュエル
09.おしべとめしべと夜の蝶々
10.19人姉妹の歌
11.Stand up
12.Coolgirl
13.回遊魚のキャパシティ
14.会いに行こう
En1.シャムネコ
En2.メロスの道
En3.支え
※5曲目の「狼とプライド」は【SKE48チームS 3rdStage「制服の芽」】公演のユニット曲だが、今回はドラフト生用に追加。


◎【AKB48グループ 大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~】
2月24日(月) Zepp DiverCity TOKYO


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい