チャーリー・ウィルソン、新作準備&カニエとの録音を語る 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

チャーリー・ウィルソン、新作準備&カニエとの録音を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 伝説的シンガー/ソングライターのチャーリー・ウィルソンが米ビルボードとの話のなかで、カニエ・ウェストの「バウンド2」にゲスト参加したのに続き、アップテンポでヘヴィなニューアルバムの準備をしていることを明らかにした。


 米ビルボードの“The Juice”でウィルソンは、「スタジオに戻るのをずっと待っているんだ。ザ・ギャップ・バンド時代からずっとやりたかった素晴らしくアップテンポなレコードを作るためにね」と話した。


 さらに、ファレル・ウィリアムスやジャスティン・ティンバーレイク、スティーヴィー・ワンダーなど、お馴染みのコラボレーターたちと一緒に作業してきていることも明言。また最近では、2014年の【グラミー賞】にて、ウィズ・カリファがウィルソンの元へ“フック”を求めにやってきていた。


 なお、カニエの間もなくリリースされるニューアルバムでもウィルソンの声が聴かれる可能性があるようだ。というのも、ウィルソンは「バウンド2」のボーカルを録音した際に他の曲もレコーディングしていたとのこと。「我々は沢山の曲を切り捨てたよ。“バウンド2”は彼が残したひとつだ。突き出したひとつだね」と話している。


 チャーリー・ウィルソンは今年、メアリー・J.ブライジやプリンス、ライオネル・リッチー、ジル・スコットその他のアーティストとともに、【エッセンス・フェスティバル】に戻ってくる予定だ。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい