クラシックチャートTop3を佐村河内守関連作が占拠 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

クラシックチャートTop3を佐村河内守関連作が占拠

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
クラシックチャートTop3を佐村河内守関連作が占拠

クラシックチャートTop3を佐村河内守関連作が占拠

 Billboard Japanが本日発表したクラシック・アルバムセールスチャートにて一連の騒動で話題の佐村河内守関連作がTop3を占拠。


 1位には『佐村河内守作曲:交響曲第1番<HIROSHIMA>』が先週10位から急上昇。2位『シャコンヌ~佐村河内守弦楽作品集』、3位『佐村河内守:鎮魂のソナタ』はチャート圏外から復活した。レコード会社はCDの出荷停止とネット配信の中止したものの、店頭に並ぶ在庫商品は販売され今回の結果につながった。


 佐村河内氏は本日2月12日に直筆の謝罪文を公表し、「3年ほど前から聴力が回復している。」と告白している。


◎Billboard Japan Top Classical Albums
2014年2月17日付
1位『佐村河内守作曲:交響曲第1番<HIROSHIMA>』
2位『シャコンヌ~佐村河内守弦楽作品集』
3位『佐村河内守:鎮魂のソナタ』
4位『英雄ポロネーズ、ラ・カンパネラ~日本ツアー《ショパン&リスト》スペシャルCD』
5位『氷上のクラシック~Classical Music on Ice』


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい