スマホ、タブレットなどに新たな課税、イタリアで法案成立か?

2014/02/10 17:20

 SIAE(イタリア作家出版社協会)がスマートフォン、タブレット、パソコンに対して新たな税を課すよう提案しているようだ。

 『ハリウッド・リポーター』によると、今回の税の目的は先に挙げた機器で利用できる映画、テレビ番組、音楽、書籍といったコンテンツの作家に著作権料が支払われるようにするというもの。シンガー・ソングライターでSIAE会長のジーノ・パオーリは、イタリア国内で販売されるスマホ1台に対し5.2ユーロ、新品のコンピューターの場合は6ユーロを、それぞれ上乗せするよう要求しており、「イタリアのGDPの5パーセントは文化から生じていることを忘れてはならない。税金と言うより料金、そして製品を買う消費者ではなく、コンテンツのおかげでより魅力的になった製品の製造者が支払うべきものとみなしてほしい」と語っている。

 なお、イタリアのメディアによればこの提案は国会で支持を得ており、年内の法案成立が見込まれている。

あわせて読みたい

  • 日本でも発売なるか? ついに防水仕様のKOBOが登場

    日本でも発売なるか? ついに防水仕様のKOBOが登場

    ASAhIパソコン

    9/15

    QRコード決済に起きた「カンブリア大爆発」 参入相次ぐ裏事情とは?

    QRコード決済に起きた「カンブリア大爆発」 参入相次ぐ裏事情とは?

    AERA

    6/11

  • 堀江貴文から水道橋博士まで 「メルマガ」の隆盛が電子書籍普及のカギになる?

    堀江貴文から水道橋博士まで 「メルマガ」の隆盛が電子書籍普及のカギになる?

    12/25

    新型iPad Proが「原点回帰」した理由とは?専門家が解説

    新型iPad Proが「原点回帰」した理由とは?専門家が解説

    dot.

    10/31

  • 津田大介「為政者が都合良く広げてしまう法律の“穴”」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「為政者が都合良く広げてしまう法律の“穴”」

    週刊朝日

    2/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す