トレイス・アドキンスがアルコール・リハビリ施設へ入所 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トレイス・アドキンスがアルコール・リハビリ施設へ入所

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 カントリー・シンガーのトレイス・アドキンスが、アルコール・リハビリ施設に入ったことが明らかになった。


 アドキンスの広報が1月15日にカントリー・ミュージック・マガジン“Country Weekly”やAP通信に話したところによると、同シンガーは【カントリー・クルージング】のクルージング中にアルコールを大量摂取したことが原因でリハビリ施設に入ったという。


 現在52歳のアドキンスは、ジャマイカ、グランドケイマン、メキシコなどを1月19日までの1週間かけてまわる同クルージング・ツアーにて、残りのステージをキャンセルしている。


 その他の詳細は明らかになっておらず、企画会社ノルウェージャン・クルーズ・ラインに情報を求めるも今のところ返信はない。


 同NCLパール号にはアドキンスの他に、ワイノナやモンゴメリー・ジェントリー、ラヴ・アンド・セフトらが乗りパフォーマンスを行なっていた。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい