星野源 第37回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

星野源 第37回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
星野源 第37回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞

星野源 第37回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞

 2013年に日本で公開された映画の優秀作品を表彰する【第37回 日本アカデミー賞】。その15部門各優秀賞と新人俳優賞の受賞者・作品が発表され、星野源が新人俳優賞を受賞した。


 星野源は昨年、『箱入り息子の恋』で初主演を務め、【第38回 トロント国際映画祭】ミッドナイト・マッドネス部門観客賞を受賞した『地獄でなぜ悪い』では、出演キャストに名を連ねながら主題歌も担当。ブッダ役の声優として出演したアニメ映画『聖☆おにいさん』や『もらとりあむタマ子』でも主題歌を担い、【第5回 TAMA映画賞】で最優秀新進男優賞、【第35回ヨコハマ映画祭】では最優秀新人賞を受賞した。


 また、星野源は2月5日にアルバム3作品を初回生産限定のアナログ盤としてリリース。翌6日には日本武道館で活動休止のため延期となっていた【星野 源 ワンマンライブ ''STRANGER IN BUDOKAN''】の振替公演を、3月からは約2年振りとなるライブツアー【星野源の復活アアアアア!】を開催する。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい