大阪発アイドル“Especia”揺れる東京でやしきたかじんと遭遇!? 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大阪発アイドル“Especia”揺れる東京でやしきたかじんと遭遇!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
大阪発アイドル“Especia”揺れる東京でやしきたかじんと遭遇!?

大阪発アイドル“Especia”揺れる東京でやしきたかじんと遭遇!?

 恋愛してもクビにならない(http://bit.ly/YBOV49)スタンスや、オリコンランキング9位を獲得(http://bit.ly/KHwuMo)した2ndシングルも話題のアイドルグループ Especia。1月11日 代官山UNITにてワンマンライブを開催した。

Especia キュートなライブ写真一覧


<超満員の客席でファンひとりひとりとハイタッチ>


 直前まで「チケットは半分ぐらい売れ残っている」と報じられていた同公演【Especia va Bien en TOKYO】であるが、当日の会場は400人超の観客でバーフロアまでパンパン(Especia最高動員数記録を更新!)。ラッパーのナンブヒトシと登場したメンバー6人は、そのパンパンの客席へと下りていき、踊りながらファンひとりひとりと笑顔でハイタッチ。これまでにも増してハッピーなグルーヴをいきなり生み出し、アーバンブギーファンクな夜を演出していく。


<やしきたかじん名乗る男「上沼恵美子を目指してみろ」>


 そんな他のアイドルではマネできないライブの中盤、ステージ上には「やしきたかじん」と名乗る男が登場。芸能界の先輩として「やっぱり大物ファッションデザイナーをメンバーに入れたり、ハグ会とか全裸っぽいPVを撮ったほうがいいんですかね?」といったメンバーの質問に、「女が芸能界で成功する方法教えてやろか。上沼恵美子を目指してみろ」とアドバイスし、何故かEspeciaはよく知らないやしきたかじん「やっぱ好きやねん」を強制的に歌わされる。


<ギター/サックス/キーボードの生演奏に豪華コラボ>


 そんな愉快な素人コントから一転。ギター/サックス/キーボードの生演奏やマセラティ渚とのコラボ、VJホンマカズキの演出と、ライブはアダルティなブロックへと突入。そして最後はリーダー 冨永悠香(はるかちょ)が「これからも皆さんに程良く甘えながらも(笑)ちゃんと上を目指して、常に上を目指して頑張っていきたいと思います。これからもついてきてください!」と語り、最新シングル曲「YA・ME・TE!」で大団円。満面の笑みでステージを後にした。


取材&テキスト:平賀哲雄


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい