井乃頭蓄音団 今年の抱負を宣言「一生親不孝者でいます」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

井乃頭蓄音団 今年の抱負を宣言「一生親不孝者でいます」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
井乃頭蓄音団 今年の抱負を宣言「一生親不孝者でいます」

井乃頭蓄音団 今年の抱負を宣言「一生親不孝者でいます」

 井乃頭蓄音団が、12月31日に渋谷La.mamaで開催された【Good Bye 2013 ~A Happy New Year 2014~『道玄坂異種格闘技戦 vol.60』-第1部-】に出演し、変化の多い1年となった2013年を陽気に締めくくった。


 オリジナルメンバーの脱退や新メンバーの加入、はっぴいえんど 鈴木茂とのコラボライブやフロントマンのソロ作リリースなど、上記したようにトピックが多い日々をすごしてきた彼ら。大晦日の昼すぎから開催された今回のイベントでは、ENTHRALLS、The Cheserasera、、かしわ哲(サルサガムテープ)、間々田優、未完成VS新世界、ジョゼトリの前との対バンとなり、トリ前に出演してイベントを盛り上げた。


 ステージでは、まさに1年を振り返るような選曲だった。ステージセッティングの最中に2曲も披露するサービス精神から、「デスコ」「公衆便所で」とアルバム『親が泣くLIVE 下北沢GARDEN 29 Feb.2012』収録曲でアクトを開始。ボーカル 松尾よういちろうのソロ作「逆上がり」をバンドスタイルで熱唱すれば、“今年歌えるのは今が最後”と熱唱した大名曲「カントリーロード」などなど。2013年に各地のライブハウスで衝撃を与えてきた楽曲の数々を惜しみなく立て続けて観衆に笑いと感動を届けていく。


 そして最後に松尾は「一生親不孝者でいます!」と高らかに宣言。代表曲の一つ「親が泣く」で2013年の井乃頭蓄音団最後のライブは幕を下ろしたが、2014年は1月18日にスキップカウズとの2マンライブが控えている。井乃頭蓄音団のメンバーはかねてより彼らを敬愛していたそうで、ステージではスキップカウズの「背筋」をセッションすることも発表されている。



◎ライブ【新春!Queナイト一本勝負!!~ラブレター フロム シモキタ~】
1月18日(土) 下北沢CLUB Que
出演:スキップカウズ、井乃頭蓄音団
info:http://www.ukproject.com/que/


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい