ヒュー・ジャックマンがブロードウェイの舞台から降板 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ヒュー・ジャックマンがブロードウェイの舞台から降板

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ヒュー・ジャックマンがブロードウェイの舞台から降板

ヒュー・ジャックマンがブロードウェイの舞台から降板

 ブロードウェイで最も利益をもたらすミュージカル・スター、ヒュー・ジャックマンが、次のシーズンは舞台をやらない可能性が出てきた。少なくとも『フーディニー』のメイン役には戻らないようで、プロデューサー陣が12月23日、同ミュージカルからジャックマンが降板したことを発表した。


 ジャックマンは声明で、「ミュージカル『フーディニー』での共同作業はとても楽しかった。しかしながら最終的に私は、この役に求められる時間を全うすることができなかった。私はこの制作チームにとてつもない尊敬と称賛の念を抱いており、皆の幸運を祈っている。彼らはけた外れに素晴らしいものを完成させるもう少しのところまで来ている」としている。


 一方、リード・プロデューサーであるスコット・サンダースは、「ヒューは同作品の一員として非常に素晴らしかった。我々は、新たなミュージカルを作り上げるという野望を果たすべく、卓越した制作チームとともに前進し続ける」としている。


 同ミュージカルからは今年1月にも、脚本を手掛けていたアーロン・ソーキンが撤退している。ソーキンの後任は、デヴィッド・アイヴス(『毛皮を着たヴィーナス』)が務めている。


 ジャックマンは、ピーター・アレンの伝記ミュージカル『ザ・ボーイ・フロム・オズ』や、ダニエル・クレイグの相手役を務めた警察ドラマ『ア・ステディ・レイン』、彼が歌い踊ったショー『ヒュー・ジャックマン:バック・オン・ブロードウェイ』など、ブロードウェイに素晴らしい興行成績をもたらす人気スターとして輝かしい功績がある。『フーディニー』にとってジャックマンの降板は、間違いなく商業的ダメージとなるだろう。


 同舞台のスケジュールや今後の新たな出演者に関する情報はこれ以上ない。同ニュースは初めにTHR.comに掲載された。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい