中島美嘉の2013年 X'masパーティーで“この素晴らしき世界” 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中島美嘉の2013年 X'masパーティーで“この素晴らしき世界”

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

中島美嘉の2013年 X'masパーティーで“この素晴らしき世界”

中島美嘉の2013年 X'masパーティーで“この素晴らしき世界”

 最新ライブDVD&BD『MIKA NAKASHIMA LIVE IS“REAL”2013 ~THE LETTER あなたに伝えたくて~』をリリースしたばかりの中島美嘉。12月23日にTABLOIDにて念願のクリスマスパーティーを開催した。

中島美嘉 クリスマスパーティー写真一覧


<1930年代ファッションショー 中島美嘉自らの独創的な私服で>


 ファンクラブ会員限定で開催されたクリスマスパーティー【中島美嘉 mobile presents「Time Trip」】は、教会を彷彿とさせる空間の中で“1930年代”をコンセプトに実施。中島美嘉が洋楽カバーを生歌唱したり、ドラァグクイーンやファンとのトークを展開したり、なんと男装姿で客席を練り歩いたりと、常に嬌声が飛び交う非現実的な光景を創造。1930年代ファッションショーでは、中島美嘉が自らの独創的な私服を着用と、何もかもセルフプロデュースでお届けした。


<最後は「この素晴らしき世界」を情感たっぷりに>


 イベントのクライマックスには、メインステージの上にこれまた独創的なクリスマススペシャルステージが登場。そこでベット・ミドラー「The Rose」の歌唱で涙を誘い、誰もが知る「きよしこの夜」の大合唱で観客を童心に戻し、最後は「1年の中で1番クリスマスが大好きなんです。(だから)私はクリスマスパーティーをファンのみんなとやりたいって思ってました。本当にありがとうございます。この幸せな日にピッタリな曲を」と、ルイ・アームストロング「WHAT A WONDERFUL WORLD(この素晴らしき世界)」を情感たっぷりに歌い上げた。


<“優しきポップスター”中島美嘉の2013年>


 かつては両耳の不調により休養を強いられ、復帰明けのツアーも「もうギリギリでしたね。今思えば“あの状態でよくやったな”っていう感じです」と語る(http://bit.ly/TIVX9H)ほど満身創痍だった彼女だが、2013年は、自身のリアルを詰め込んだアルバム『REAL』でオリコン1位を獲得。そして「伝えたいことを伝えに行きたい」と(http://bit.ly/10QUDGt)2年振りの全国ツアーで各地のファンと再会を果たし、大好きなクリスマスには目前に広がる現実を“この素晴らしき世界”と表現した中島美嘉。


 不器用だけど誠実で、応援してくれるファンには愛の限りを尽くす。優しきポップスターの動向に今後も要注目だ。


取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:葛西龍


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい