モルヒネ東京 初ワンマン成功で解散回避「やっと土俵に立てた」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

モルヒネ東京 初ワンマン成功で解散回避「やっと土俵に立てた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
モルヒネ東京 初ワンマン成功で解散回避「やっと土俵に立てた」

モルヒネ東京 初ワンマン成功で解散回避「やっと土俵に立てた」

 パスピエ、ふぇのたすに続く“COCONOE RECORD”のニューカマー モルヒネ東京が、12月1日 渋谷Gladにて初ワンマンライブ【モルヒネ東京ワンマンショウ~澁谷浪漫夜会~】を開催した。

モルヒネ東京 初ワンマンライブ写真一覧


<まさかのチケットSOLD OUT 満身創痍の末に解散を回避>


 かつて「埋まらなかったら……まぁ解散でいいんじゃないですか! 埋まらないワンマンライブやって、その先続けていけるかっていう話なんで。そのワンマンが成功しなかったら、どっちにしろ終わる。だから「解散します」と宣言するんじゃなく、「絶対埋めます!」って宣言しておきます」と語っていたユケ(vo)だが、ワンマンライブ数週間前にはチケット完売に程遠く。数日前にはスタッフやユケが体調面、精神面ともに追い込まれる事態も起きたそうだが、当日はまさかのチケットSOLD OUT。満身創痍の末に解散を回避してみせた。


<THE YELLOW MONKEY「LOVE LOVE SHOW」等のカバーも>


 DJ EVANGELIONやVJ.ホンマカズキのバックアップも受けつつ、メンバー5人はバンド結成後最も気合いの漲ったアクトを展開。3曲目「ロマンチカ」では、ユケが壊れたように歌い叫びまくり、それに呼応するように男性陣も笑いながらアグレッシブな演奏を繰り広げる。中盤では、男性陣による狩人「あずさ2号」やユケによる椎名林檎「丸の内サディスティック」、バンド全員によるTHE YELLOW MONKEY「LOVE LOVE SHOW」のカバーもあり、その完成度云々はともかくファンとの一体感は深化。終盤、盟友に捧ぐ「タイムマシーン」で声を絞り出すように歌う姿には、涙する者の姿もあった。


<ここからもっともっともっともっともっともっと頑張って売れたい>


 最後は「やっと土俵に立てたぐらいの勢いなんで、ここからもっともっともっともっともっともっと頑張って売れたいと思います」と語り、残った力のすべてを「Colorschemer」に叩き込んで、初ワンマンを終えたモルヒネ東京。12月4日 初の全国流通盤『ループする』をリリースし、14日20時~は発売記念ミニライブ&握手&サイン会をタワーレコード渋谷店3Fイベントスペースにて開催するのだが、こちら、普段お目に掛かれないスタイルでのライブになるので、しかもライブ自体は観覧フリーなので、ぜひ足を運んでみてほしい。


取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:福本和洋




◎ライブ【モルヒネ東京ワンマンショウ~澁谷浪漫夜会~】
12月01日(日)渋谷Glad SET LIST:
01.Darling
02.トウキョウナイト
03.ロマンチカ
04.花と惑星
05.フラッシュバック
06.あずさ2号(カバー)
07.丸の内サディスティック(カバー)
08.LOVE LOVE SHOW(カバー)
09.GAME
10.敬具
11.タイムマシーン
12.ループする
En1.チェリーガール
En2.Colorschemer


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい