ザ・ウォークメン 今後の活動に慎重姿勢 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ザ・ウォークメン 今後の活動に慎重姿勢

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 インディーロックバンドとして14年近く活動して来たザ・ウォークメンが、ワシントン・ポストのインタビューに対し、今後のバンド活動について慎重な姿勢をみせている。



 ベーシスト/オルガニストのピーター・バウアーによると、ザ・ウォークメンは解散するのではなく“究極の休止”と捉えているとしながら、「メンバーの誰もウォークメンのレコードを作りたいと思っていない」ともコメント。続けて、もしかするとやり方を変えるかもしれないし、またショーを行うかもしれない。騒ぐほどのことは何もないのに、何かについて騒ぐのは奇妙なことで、時には仲間と上手くいかないこともあるが、解散というほどのことでもないと思うと語った。



 ショーの時は昔からの仲間に会える本当に楽しい時間であり、バンドは誰もがアパートに住むような典型的なロック・バンドではなく、それぞれが違う都市に住み、時折お互い声をかけるような仲間であることも明かした。



 ウォークメンは10年以上にわたる活動で7枚のアルバムをリリースしており、全米チャート ビルボード200では2012年のアルバム『Heaven』で30位を記録している。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい