BiS 主演映画舞台挨拶で「公開される度にメンバーが辞めていく」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BiS 主演映画舞台挨拶で「公開される度にメンバーが辞めていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
BiS 主演映画舞台挨拶で「公開される度にメンバーが辞めていく」

BiS 主演映画舞台挨拶で「公開される度にメンバーが辞めていく」

 来年1月11日公開、BiS(プー・ルイ、ヒラノノゾミ、テラシマユフ、ミチバヤシリオ)主演映画『アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』の舞台挨拶つき完成披露試写会が実施された。

BiS主演映画舞台挨拶 写真一覧


<不吉なタイトル 注目すべきはミチバヤシリオとライブシーン>


 映画祭【MOOSIC LAB 2012】観客賞を受賞した前作『アイドル・イズ・デッド』の第2弾である今作は、再び集結した加藤行宏監督と精鋭スタッフが一丸となって制作。新たなキャラクターとして“ハピネス電力”がプロデュースするアイドル エレクトリック★キスを登場させ、数々の苦難を乗り越えて再結成を目指すBiSメンバーの奮闘を、現代社会に向けたブラックユーモアたっぷりに描いている。


 その舞台挨拶にBiS(プー・ルイ、ヒラノノゾミ)、柳英里紗、金子沙織、國武綾、大島葉子、三輪ひとみ、加藤行宏監督が登壇。プー・ルイは「不吉なタイトルどおり、映画が公開される度にメンバーが辞めていくので(現実の話)、印象的な映画です(笑)。ミチバヤシリオが普段とは違う姿になっていてとても可愛いので、そこを注目して頂けたら」と語り、主演のヒラノノゾミは「今回もパラレルワールドで、BiSを知ってる方も知らない方も楽しんで頂けるのではないかなと思います。ライブシーンが前回に引き続き、とても印象的で素敵なものになってる」と述べている。


<ヒラノノゾミのいつもと変わらぬセリフ回し>


 舞台挨拶後、完成披露試写会を実施。BiSの4人はもちろん、元バンドじゃないもん!の金子沙織がアイドル役で登場していたり、大島葉子がまさかのモッシュに挑戦していたり、電撃ネットワークのギュウゾウをはじめとした研究員(BiSファンの総称)もエキストラとして大活躍していたりと、見どころ満載の内容となっていた。また、ヒラノノゾミのいつもと変わらぬセリフ回し、現実のBiSともシンクロするシーンは鳥肌モノ。


 上映後、BiS新メンバーのメグモン(味つけ担当)も「めちゃくちゃ面白くなかったですか?」と、興奮気味に語っていた『アイドル・イズ・デッド-ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-』。ぜひチェックしてみてほしい。


取材&テキスト:平賀哲雄
写真:西澤裕郎(OTOTOY)


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい