キャリー・アンダーウッド主演『サウンド・オブ・ミュージック』のサントラ発売へ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

キャリー・アンダーウッド主演『サウンド・オブ・ミュージック』のサントラ発売へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
キャリー・アンダーウッド主演『サウンド・オブ・ミュージック』のサントラ発売へ

キャリー・アンダーウッド主演『サウンド・オブ・ミュージック』のサントラ発売へ

 ロジャース&ハマースタインによる名作ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』が12月5日に米NBCで生放送されることを受け、ソニー・マスターワークスが3日にサウンドトラックをリリースすることになった。


 スタジオでレコーディングされたサントラ『The Sound of Music (Music From the NBC Television Event)』には、マリア・フォン・トラップ役のキャリー・アンダーウッドをはじめ、修道院長役のオードラ・マクドナルド、ゲオルク・フォン・トラップ大佐役のスティーヴン・モイヤー、マックス・デトワイラー役のクリスチャン・ボール、エルザ・シュレイダー役のローラ・ベナンティなど、5日の生放送にも出演するキャストのパフォーマンスが収められている。


 ナチスに併合されていた1930年代のオーストリアを舞台とした『サウンド・オブ・ミュージック』は、1959年にブロードウェイで初上演され、【トニー賞】にて最優秀ミュージカル賞を獲得。また、1965年の映画版は【オスカー賞】で最優秀映画賞を獲得している。


 なお、今回の放送では舞台作品を踏襲しているものの、「私のお気に入り」や「ドレミのうた」、「もうすぐ17歳」、「すべての山に登れ」などの名曲に加え、映画版からの曲もフィーチャーされるとのことだ。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい