KalafinaとClariSで劇場版まどマギ主題歌が1、2フィニッシュ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

KalafinaとClariSで劇場版まどマギ主題歌が1、2フィニッシュ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
KalafinaとClariSで劇場版まどマギ主題歌が1、2フィニッシュ

KalafinaとClariSで劇場版まどマギ主題歌が1、2フィニッシュ

 今週のBillboard JAPAN Hot Animationは『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』から2曲の主題歌が1、2フィニッシュ。首位を獲得したのは、Kalafinaの「君の銀の庭」。2位には先週チャートを制したClariSの「カラフル」がランクイン。


 11月6日にリリースされた「君の銀の庭」は特典の変わる3つの限定盤と1種の通常盤の4パターンが用意され、セールスポイントに大きく貢献。どんどんファン層を拡大するアニメの話題性もあり、アニソン関連アーティストでは珍しくエアプレイポイントも積み重ねたことも好結果にの要因と言える。Kalafinaとしては、10月2日リリースの前作「アレルヤ」に続き、短期間でアニメチャート首位を獲得となった。


 2位のClariS「カラフル」もエアプレイポイントは先週よりも上昇。パッケージのセールスは落ち着いたものの、デジタルでのリリースポイントが好調をキープ。10月26日の公開から一巡したところで、作品の世界観はもちろん、特典やキャンペーン何度も足を運ぶ観客と連動して楽曲も大ヒットとなった。


 そして3位にはMXTV他で放送中の『夜桜四重奏-ハナノウタ-』オープニングテーマを担当したUNISON SQUARE GARDEN「桜のあと(all quartets lead to the?)」が初登場。バンドは本作のOVA『夜桜四重奏-ホシノウミ-』に引き続きの主題歌担当となった。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい