劇団四季『キャッツ』日本公演がロングランを達成し30周年 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

劇団四季『キャッツ』日本公演がロングランを達成し30周年

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
劇団四季『キャッツ』日本公演がロングランを達成し30周年

劇団四季『キャッツ』日本公演がロングランを達成し30周年

 1983年11月11日に東京・西新宿からスタートした『キャッツ』が、9都市のべ20公演を経て、30周年を迎えた。


 現在は、静岡市民文化会館大ホールにて上演中で、記念すべき30周年公演となる11月11日には1500人を超えるファンが全国から集結した。13:30の公演では、30周年記念特別カーテンコールとして、巨大スクリーンに歴代キャッツ・シアターが映し出された。『キャッツ』出演者を代表してリーダー猫であるマンカストラップ役の萩原隆匡は、「これほどの公演を重ねることができましたのも、お客様お一人お一人が作品を愛し、育んでくださったからこそと、出演者、スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。」と感謝の気持ちを述べた。挨拶が終わると出演者全員でのオリジナル・ダンスを披露し、ステージ上には巨大な「30」のオブジェが登場した。


◎劇団四季ミュージカル『キャッツ』日本上演記録
総公演回数:8617回
総入場者数:約860万人
日本初演:1983年11月11日(金)
日本初演公演地:東京・新宿駅西口 キャッツ・シアター
これまでの上演都市:東京(4回)、大阪(3回)、名古屋(2回)、福岡(2回)
札幌(2回)、静岡(2回)、広島(2回)、仙台(2回)横浜(1回)9都市 のべ20公演地
※2013年11月11日現在


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい