ホアン・ユィシアンの実話を基にした映画『光にふれる』が日本公開決定&来日も 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ホアン・ユィシアンの実話を基にした映画『光にふれる』が日本公開決定&来日も

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ホアン・ユィシアンの実話を基にした映画『光にふれる』が日本公開決定&来日も

ホアン・ユィシアンの実話を基にした映画『光にふれる』が日本公開決定&来日も

 瑞々しい映像と美しいピアノで綴られる実話に基づく感動作『光にふれる』が2014年2月8日に公開されることが決定。さらに主演を務めたピアニストのホアン・ユィシアンが来日することが明らかとなった。


 視覚障害をもつピアニストの青年の半生を描いた2008年の『ジ・エンド・オブ・ザ・トンネル』という短編に心を打たれたウォン・カーウァイが、長編として映画化することを決めて誕生したという本作。実際にプロのピアニストとして活躍しているホアン・ユィシアンの実話を基に描かれ、ユィシアン自身が主人公を演じている。映画は既に本国で驚異的なヒットを記録し、各国の映画祭で観客賞を受賞。


 この映画『光にふれる』の日本公開を記念して、ホアン・ユィシアンが2014年1月に来日することが決定。試写会でのピアノ生演奏といった企画も予定されているとのこと。


◎映画公開情報
『光にふれる』
2014年2月8日(土)全国ロードショー
提供:ウォン・カーウァイ
監督:チャン・ロンジー
音楽:ウェン・ツーチエ、ホアン・ユィシアン


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい