執行猶予中のクリス・ブラウンが逮捕。禁固刑4年の可能性も

Billboard JAPAN

 クリス・ブラウンが10月27日の朝、ワシントンD.C.にあるホテルの外で男性に襲いかかったとし、重暴行の罪で逮捕された。


 米ゴシップサイト“TMZ”によると、ブラウンはホストを務めたナイトクラブ“Park and 14th”でのパーティーを終えた後、近くにあるWホテルの外で被害者とされる男性と口論になり、中傷を浴びせた後、顔面を殴ったという。


 当日の午前4時半ごろ、Wホテルの前で女性がブラウンに写真を撮ってもらおうと近づき、撮る際に2人の男が写真に入ろうとして駆け寄ってきたという。その時ブラウンは、「お前らのような野郎には興味無いが、ボクシングには興味あるんだ」と言って被害者を殴ったとされる。ブラウンのボディガードもその喧嘩に巻き込まれ逮捕されたそうだ。


 事件当時、しらふだったというブラウンは、現在拘留されているとのこと。被害者とされる同男性は、D.C.の病院で検査を受けたと報じられている。


 2009年のリアーナ暴行事件により、未だ執行猶予中のブラウン。もし今回の事件が執行猶予違反とみなされれば、4年近くの禁固刑を言い渡される可能性がある。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック