黒夢 水川あさみ主演ホラー映画主題歌決定&アルバム発売延期 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

黒夢 水川あさみ主演ホラー映画主題歌決定&アルバム発売延期

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
黒夢 水川あさみ主演ホラー映画主題歌決定&アルバム発売延期

黒夢 水川あさみ主演ホラー映画主題歌決定&アルバム発売延期

 デビュー20周年を迎える黒夢の書き下ろし新曲「ゲルニカ」が、水川あさみ主演の角川ホラー文庫20周年記念映画『バイロケーション』の主題歌に決定した。

映画『バイロケーション』の場面写真など


 2014年1月18日より劇場公開、千賀健永(Kis-My-Ft2)、高田翔(ジャニーズ Jr.)、滝藤賢一ら出演の『バイロケーション』は、第17回日本ホラー小説大賞 長編賞を受賞した若手ホラー作家・法条遙のデビュー作が原作で、突如現れるもう一人の自分(バイロケーション)に命を狙われる衝撃サスペンスホラー。主題歌「ゲルニカ」は、清春が映画の世界観をイメージして書き下ろした楽曲となっている。


 なお、同曲は全くカラーの異なる曲調のシングル『I HATE YOUR POPSTAR LIFE』と、12月11日に同時リリースすることが決定。あわせて、11月リリース予定だったアルバム『黒と影』は、来年1月29日に発売延期されることも明らかになった。




◎黒夢コメント
今回は角川ホラー文庫20周年記念という作品に主題歌で参加する事ができ、とても光栄に思います。自分の「影」と戦い続けるという、人間の心の闇は誰にでもあるもの。僕らのニューアルバムのテーマでもある「黒と影」にも通じる世界にもなっていると思います。ぜひ映画を楽しみながら、楽曲も聞いてほしいです。


◎安里監督コメント
再始動されたことがうれしく、黒夢さんに是非とお願いして主題歌を作って頂きましたが、その曲作りは一切妥協のないもので、目の当たりにした私はただ圧倒されました。私の想像を遥かに超えて誇り高く、志高いバンドなのだと痛感し、お力をお借りできた事、大変有難く感じています。


◎小林剛プロデューサー コメント
黒夢さんの楽曲はその全てがハードさと繊細さの両方を兼ね備えており、本作「バイロケーション」の恐怖と叙情が一体となった世界観にぴったりだと思いました。また、原作のレーベル、角川ホラー文庫の20周年と黒夢さんのデビュー20周年が丁度一致していることにも何かのご縁を感じ、今回主題歌をお願いしました。映画の世界を歌詞にも反映していただき、「ゲルニカ」を最後に聞くことで映画の最後のピースがピタリとはまったような、そんな素晴らしい体験をさせていただきました。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい