デス・キャブ・フォー・キューティー、ニューアルバムの制作を開始 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

デス・キャブ・フォー・キューティー、ニューアルバムの制作を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
デス・キャブ・フォー・キューティー、ニューアルバムの制作を開始

デス・キャブ・フォー・キューティー、ニューアルバムの制作を開始

 デス・キャブ・フォー・キューティーが、2011年の『コーズ・アンド・キーズ』以来のフルアルバムとなる8thアルバムの制作に取り掛かっているようだ。


 ベテラン・オルタナティブ・ロッカーの彼らは10月10日、“Paintbrushes. #inthestudio #deathcab”とのキャプションと共にギターが並んだ写真をインスタグラムにあげ、スタジオに入ったことを匂わせた。米ビルボードの確認によると、ベン・ギバードと他メンバー達は実際に新しいスタジオ・アルバムの作業を進めているという。


 今年はじめ、ギバードはジミー・タンボレロとの人気プロジェクト、ザ・ポスタル・サーヴィスを、2003年の唯一のアルバム『ギヴ・アップ』の10周年記念再リリースに伴うワールドツアーのため復活させた。彼らは【ロラパルーザ】でのヘッドライナー出演に続き、8月のシカゴのメトロ公演で同ツアーを締めくくっている。


 これまでに27万9000枚を売り上げ(ニールセン・サウンドスキャン調べ)ている『コーズ・アンド・キーズ』を2011年5月にリリースした後、ギバードは2012年10月にソロ・デビュー・アルバム『フォーマー・ライヴス』をリリースしている。なお、デス・キャブ・フォー・キューティーは先月、シアトルのフェスティバル【Bumbershoot】にて、2003年の出世作『トランスアトランティシズム(Transatlanticism)』を全曲披露していた。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい