鬼束ちひろ「月光」大合唱×後藤まりこ「ボクの場所や!」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鬼束ちひろ「月光」大合唱×後藤まりこ「ボクの場所や!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
鬼束ちひろ「月光」大合唱×後藤まりこ「ボクの場所や!」

鬼束ちひろ「月光」大合唱×後藤まりこ「ボクの場所や!」

 10月1日 鬼束ちひろ&BILLYS SANDWITCHES、後藤まりこによるツーマンライブ【MY Hi-SCHOOL】が渋谷CLUB QUATTROにて開催された。

鬼束ちひろ×後藤まりこ ライブ写真一覧


<笑い続けた鬼束ちひろ「初めてだよ、みんなが歌ってくれたの」>


 数々の常識離れした伝説を持つ二大女性アーティストの共演。ということもあり、開催前より話題となっていた本公演だが、そのざわつきを嘲笑するようにゆったりと現れた鬼束ちひろは、グラマラスかつド派手な衣装で「Hey Baby Are you ready? Are you ready!?」と叫び、BILLYS SANDWITCHESと新曲やAC/DCカバーを披露していくのだが、突拍子もなく「You're Dead」と言い出したり、シャウト……というか奇声を上げたり、その声と姿に以前の面影はなく、まるでドラァグクイーンがおどけながらブルースを歌い上げていくかのようなアクトが続く。


 そして「I miss you Kiyoshiro. Do You Remember Kiyoshiro.」と呟きだしたかと思えば、RCサクセション「つ・き・あ・い・た・い」をゴキゲンカバー。笑顔でモンキーダンスを踊りながら、ドン・キホーテで買ったらしいコンドームを大量にばらまいていく。また、終盤では、代表曲「月光」でファンの大合唱を求め、想像以上のボリュームでシンガロングが巻き起こると、「初めてだよ、みんなが歌ってくれたの」と笑っていた。この日の鬼束ちひろは、怒ることも、哀しむこともなく、笑い続けていた。


<誰にも止められない後藤まりこ「ここはボクの場所や!」>


 2013年は、ドラマ『たべるダケ』への出演を始め、中川翔子、SCANDALといった面々との異種交流対バン、国内最大アイドルフェスへ単身乗り込み(http://bit.ly/15ZAufP)等、ボーダーレスな活動で注目を集めている後藤まりこ。この日も大先輩 鬼束ちひろのファンも詰め掛けている客席へと飛び込んで、会場全体を自身のステージとして使用し、スピーカーによじ登ったところでスタッフが干渉しようとすれば、演奏をストップさせて「ここはボクの場所や!」と怒りを露わに。そして「40分だけボクは見世物になんのや。ええやろ。アホなことばっかしてるやろ。笑けてくるわ、ホンマに。自分で何してるか、よう分からんくて!」と、ライブを再開させる。


 誰にも止められない後藤まりこと、それを期待する人々。静観する人々。その狭間で生まれる混沌だけが巨大化していく中で、フロアを囲むカウンターへと辿り着いた彼女は、「ボク、ダイブしたい。違う。それが目的じゃない。音楽したい。違う。でもそうかもしれへん」と自問自答しながら、新曲「さなぎの詩」を歌い始める。歌うというより語り、語りというより叫び。この先、救われない感情を持つ多くの者に突き刺さっていくであろうこの曲を最後に、後藤まりこは会場を走り去っていった。


取材&テキスト:平賀哲雄




◎ライブ【MY Hi-SCHOOL】
10月01日(火)渋谷CLUB QUATTRO SET LIST:
・鬼束ちひろ
01.あなたとSciencE (新曲12/18最新シングル/初披露)
02.BILLYS SANDWITHES (新曲/初披露)
03.If You Want Blood (You've Got It) (AC/DC カバー/初披露)
04.つ・き・あ・い・た・い (RCサクセション カバー/初披露)
05.HIDE AND SCREAM (初披露)
06.月光
07.愛の台詞
・後藤まりこ
01.M@HφU☆少女。。
02.ままく
03.sound of me(テレビ東京「たべるダケ」EDテーマ)
04.ドローン
05.すばらしい世界。
06.リズム
07.m@u(新曲)
08.あたしの衝動
09.さなぎの詩(新曲)


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい