テイラー・スウィフトが映画『The Giver』に出演決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

テイラー・スウィフトが映画『The Giver』に出演決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
テイラー・スウィフトが映画『The Giver』に出演決定

テイラー・スウィフトが映画『The Giver』に出演決定

 ワインスタイン・カンパニーとウォルデン・メディアによる映画『ザ・ギバー 記憶を伝える者(The Giver)』に、テイラー・スウィフトの出演が決定した。


 スウィフトは、これまでに発表されているメリル・ストリープをはじめ、ジェフ・ブリッジス、ブレントン・スウェイツ、ケイティ・ホームズらスター・キャストに加わった最新メンバーとなる。他にも、『トゥルーブラッド』のアレクサンダー・スカルスガルド、『ティモシーの小さな奇跡(The Odd Life of Timothy Green)』のオデヤ・ラッシュ、『シェイムレス 俺たちに恥はない(Shameless)』のキャメロン・モナハンが出演する。


 ロイス・ローリーによる若年成人に人気の小説を映画化した同作品は、“記憶を受け継ぐ者(the Receiver of Memories)”に選ばれたスウェイツ演じる少年を主人公とした物語だ。少年はブリッジス演じる老人、“記憶を伝える者(The Giver)”から生まれ持った感覚を使うよう教わり、共に働く。


 ストリープが演じるのは“Chief Elder”役で、病気、争い事、人種差別のない社会を描いた同映画において、若者たちにそれぞれの仕事を命じる。ホームズは、スウェイツ演じる少年の母親役を務めるそうだ。


 10月7日に南アフリカのケープタウンで撮影が開始される同映画は、映画『ソルト』を撮ったフィリッブ・ノイスの監督で、脚本はマイケル・ミトニックが映画版のために書き下ろしたとのこと。ウォルデン・メディアはTWCと共に協賛および共同製作を担う。


 同映画は2014年8月15日に全米の劇場で公開される予定だ。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい