オアシス、セリーヌ・ディオンを支えたポリー・アンソニー死去 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オアシス、セリーヌ・ディオンを支えたポリー・アンソニー死去

このエントリーをはてなブックマークに追加

 エピック、ゲフィンなどのレコードレーベルで重役を務めたポリー・アンソニーが、すい臓がんとの長い闘病の末に亡くなったことが、ラジオ・音楽ニュース“All Access”によって伝えられた。


 アンソニーはパール・ジャム、オアシス、コーン、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、セリーヌ・ディオンなど。世界的なミュージシャンたちを後援し育てた情熱的でアーティスト思いの人物として知られ、CBSレコードでのアシスタントからエピックの広報宣伝担当 上級副社長にまで登りつめ、その後はソニーの550 レコーズ、エピック・レコード・グループの社長に。2004年にはジョーダン・シュールとゲフィンの共同社長に就任した。


 今回の訃報を受け、ソングライターのダイアン・ウォーレンは自身のFacebookに「親愛なる友人であり姉妹であるポリー・アンソニーが亡くなりました。ご家族をはじめ、私が幸いにも人生を共有できたこの素晴らしく、誠実で、守ってくれる強い女性と知り合うことのできた幸運な人々を想い、胸が張りさけそうです。私の心にあいた穴は永遠に埋まることがないでしょう。愛するポリー、安らかに」と記している。


 近年、アンソニーは様々なテレビや映画の仕事を手掛けてきたが、目立たないようにしていたため、昔の同僚たちの多くは彼女の病気に気付かなかったという。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい