iTunes Radioの開始でインターネットラジオ業界の競争激化 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

iTunes Radioの開始でインターネットラジオ業界の競争激化

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 先週のリリースから1週間も経たないiTunes Radioだが、すでに1,100万人以上が試したことが明らかになった。アップルがiPhone 5sおよび5cの記録的な発売スタートを伝えた9月23日のプレスリリースにて発表した。


 iTunes Radioが、同じくインターネット・ラジオのPandora Radioの強力なライバルとするにはまだ早い。アップルがインターネットラジオ・サービスにおいて優位な存在となるには、Pandoraの他にもClear Channel、SiriusXM、Slackerなどの競合と争わなければならないのだ。しかしながら、この数字を見るかぎり、アメリカにおけるインターネットラジオのマーケットは、当初考えられていたほど定着していないのかもしれないといった見方もある。


 なお、同ニュースはPandoraの時価総額を6億5,000万ドルも引き下げることとなった。同社の株はiTunes Radioが開始した翌日、27.50ドルという最高値を記録したものの、23日の正午には11%ダウンの24.03ドルまで下がった。とはいえ、Pandoraの株価は今年、162%も値を上げている。


 iTunes Radioの真の評価は初期のトライアル・ユーザー数ではなく、サービスを使いに戻ってくるユーザーの数だ。もしこの先数か月、1,100万人を繋ぎとめておくことができれば、iTunes Radioは8月末時のアクティブ・ユーザー数が7,210万人だったPandoraのユーザーを減らすことになるだろう。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい